10 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 12
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 20:02:08
今月 新たに取り入れた身体トレーニング。
太極拳、ゆる体操、、そしてナンバ術!

仕事で遊ぶナンバ術―疲れをしらない働き方仕事で遊ぶナンバ術―疲れをしらない働き方
(2007/06/02)
矢野 龍彦長谷川 智

商品詳細を見る


ナンバ式船中八策

1 結果を気にしない
(自分を愛し応援する、そして他人も愛す)

2 先入観をもたずに軽くやる
(難しい場面は、挑戦し楽しむチャンス)

3 空を見るのを忘れない
(余裕を持った自然体)

4 マニュアルに頼らない
(何事も創意工夫・臨機応変を心がけて楽しむ)

5 八割でいい!と思ってやる
(いつも技を磨くことを忘れずに)

6 逆境でこそ笑っていよう
(「この逆境をどう楽しむか」を考える)

7真剣な顔してやると頭に入らない
(自ら楽しもうという前向きな姿勢)




こちらで紹介されているナンバ術は、
難しい場面(難場)をどう切り抜けるかという技です。

著名な方(イチロー・司馬遼太郎・武豊)の仕事への取り組み方を分析されていて、それぞれの方の意外な自己管理方法などを知ることができます。
(たとえば、武豊さんは、自分の左手首を右手でもつと100グラム単位で自分の体重の変化がわかるそうです。すごいですね。プロの世界って)

目標をもたずに、上に向かって邁進する。
努力している姿は人には見せない。さりげなさを装うことも大切なこと。


また、これまでよく聞いた「考えるより行動する」ということに関して、「あぁそうかぁ」と思えることが紹介されていました。

「まず行動を起こす」(略)。行動してみて、それから考えるという方法もあるのである。そして最終的には「言行一致」というところまで持っていく。

他にも、よく優勝した選手がインタビューで
「楽しんでプレーできました」という、力みがないコメント。

意識してやっていたことを無意識にやる。

運動の際の「~してやろう」という思いを、運動実感という。初心者のころは、そういう運動実感を持つことも大事かもしれない。しかし、技術レベルがあがってくると、その運動実感が運動の滑らかさの邪魔をする。意識してやっていたことを、だんだんと無意識に持っていくべきだ。意識過剰が、余計な動きや力を引き出し、リキミにつながっていくのである。
(本文より)

ナンバがどのような術なのか、
詳しくはわからない(それは教えてもらうのではなく、自分からつかみにいって体験して身につけるものだから・・武術とかってなんでもそうですよね)。

今回紹介したのはおなじみミシマ社の本。
ちょっと変わった出版社。ぜひ毎日平日更新されているこちらのサイトもお楽しみに!

平日開店ミシマガジ
(この編集してるのって、同郷の方かなぁと思ってますが・・)


関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1000-58bd1391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。