05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 07:31:45
パリとベルギーのブリュッセルが舞台の小説。
主人公は18歳から小説家を目指していたのですが、
あるときをきっかけにまったくかけなくなり、
そのために、いったん小説を離れてブリュッセルへ旅立つ、という話。

九月の四分の一九月の四分の一
(2003/04)
大崎 善生

商品詳細を見る


小説を書くことをマラソンにたとえているのですが、
それはこんな感じです。

4百メートルを平凡なタイムでしか走ることができない持久力のないマラソンランナー、つまりはそのころの僕の姿だった。



毎夜のように酒場を飲みまわり、人間たちの営みや様子を観察するのだ。安全なトラックから出て路上を走らなければ、いつまでたってもマラソンランナーにはなれない。


やがて足があがらなくなり、酸欠に陥り、そして僕はついにマラソンのレースを断念した。
鉛筆を置いたのである。



この本、2年前の9月に買ったのですが、
そのときは読まず、去年も9月に読まないまま本棚にありました。
そしてようやく3年目にして9月に読書。読んでよかった。素敵な短編小説です。

いつ読んだっていいんですけどね。
Quatl September は主人公が英語読みをしていて「9月の4分の1」と勘違いしてるのですが、実際はフランス語で「9月4日」という意味です。

この短編を読んで引っ越ししようかと思いました。引っ越しの話は全くないのですが、物語のように13年たって気づくものもあるんだなぁと思ったら気が軽くなりました。

(と、昨日 不動産屋を回りましたが、私の条件では今住んでいるところはベストのようなので、引越しはむずかしかなぁ・・)

大崎さんの小説ですが、村上春樹さんの文体が好きな人にははまる本だと思います。

この本の中でなるほど、と思った一文。

人間には予期すべき機能も設計図も前もっては考えられていない。そういう存在を実在と呼ぶことにする。


(サルトルの公演で)
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1091-8990b3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。