05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 23:39:36
昨年、梅田望夫さんのブログで紹介されていて、とっても話題になった本の後に出版されたものです。
(書かれたものは1987年ものから2007年くらいまでです)
日本語で書くということ日本語で書くということ
(2009/04/22)
水村美苗

商品詳細を見る


まだ、話題になった「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」は読んでません。

今回は、「書く」に絞った文が紹介されています。
水谷さんが好きな日本の作家、夏目漱石、谷崎潤一郎さんの小説を、
「日本語を通して」どのように味わっているのかが、が見えてきます。

虞美人草 (岩波文庫)虞美人草 (岩波文庫)
(2000)
夏目 漱石

商品詳細を見る



日本語の文章がとても素敵です。
ぜひ、味わってみてください!
以下引用。

プルーストの『失われた時を求めて』には「あのころ私は知らなかったが」という表現がくり返し出てくるが、実際パリの安宿で幸せだったときを振り返るときほど、その表現に宿る真実が心に迫ることはない。
私は自分が若いことを知らなかったのである。
だが、人は誰も若いころは自分が若いことを知らない。そのような無知は個人的な無知ではなく、つかのまの生を生きる人類に、恩寵のようにも原罪のようにも与えられた普遍的な無知である。私が死んでも次の世代がまたくり返さざるをえない無知である。



あとがきにあった、こんな文章

読むということから、書くということが生まれる。
私はしつこくそれを言い続けている。しつこくそれを言い続けているのは、私自身、日本語で読むことによってのみ、日本語で書くようになったからである。



知らなかった!旦那さまは岩井克人先生なんですね。
水村さんは、日本語で文章を書くことがほとんどなかったそうなのですが、それゆえに、文章の味わいが深いです・・。こんな読書ができたら素晴らしいと思います。

会社はこれからどうなるのか (平凡社ライブラリー い 32-1)会社はこれからどうなるのか (平凡社ライブラリー い 32-1)
(2009/09/11)
岩井 克人

商品詳細を見る
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1167-a8a98f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。