07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 21:03:23
先月、ウルトラマラソン(100km)に参加する人たちに、
圧巻されて、走ることがもっと楽しくなってきました。

そのほかにとっても刺激をうけた本がこちら。

私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))
(2008/05/08)
齋藤孝 梅田望夫

商品詳細を見る
私塾のすすめ
 
こちらを手に取ったのは、土井さんのBBMの影響ですが、
知っていたらもっと早く手に取っていたのに、と思います。

齋藤孝さんと、梅田望夫さんの二人の対談式になっています。
私が学生時代に、齋藤さんの『声に出して読みたい日本語』が大ブームになっていて、
その影響で齋藤さんが薦める「三色ボールペン」を使って卒論の資料を整理していました。

今は、じっくり読む本(難解な本)のみ、三色ボールペンで読んでいます。
(ちなみに、友達が齋藤先生と年に1,2回飲みにいっているそうです。)

梅田さんを知ったきっかけは、本田直之さんの、レバレッジ英語勉強法の後半で、
梅田さんがシリコンバレーから発信している「英語で読むITトレンド」などを読むために、
英語学習にレバレッジがかかっている、という人の話が載っていたので、
それ以来、ブログや、ネットに掲載されている記事を読むようになりました。
(日本語ですよ)


こちらの本を読んで思ったのは、

私自身は、齋藤先生に近いんですが、
目指しているところは、梅田さんかな、と。


齋藤先生は、ゲーテなんかを読んで「そこまで言っちゃうのかよ」みたいな感覚で、
自分と似ていて面白い、なんてことをおっしゃっていますが、
私としては、「齋藤先生、そんなこと言っちゃいますか?いいんですか?」ってふきだしちゃいます。

読書を身体を動かすことを一緒に考えているのが、
今の自分のスタイルに近いかな、と(走ることと仕事)。


梅田さんは、全体的に流れている空気が穏やかです。
彼の生き方のロールモデルに村上春樹さんがあがっていましたが、
実際とてもスタイルが似ていますね。
私も海外(パリ希望)で、朝早く起きて、すきな街並みを走って、
家でのんびり仕事をして、、旦那さんにおいしいものをつくって、一緒に暮らすという生活へシフトしていきますよ。(今は足りないものが多いけど)
村上春樹さんは私もとっても好きな作家です。友はよく「村上春樹の小説に出てくるセリフ」で喧嘩しそうなところをかわしてきます。


齋藤先生が「文部大臣になりたい」なんてことをおっしゃっておりますが
私に置き換えるなら、「2016年に東京オリンピックが開催されたとして、そのとき、自分もどんな形であれしっかりとフィールドに立ちたい」
と昨年決意しました。

マラソンで、なんて狙ってませんけど、10年がかりだったら達成できるでしょ、というプランを立てて、
小さなことからコツコツを実行中です。

 
梅田さんのおかげで、最近ブログを書くことに積極的になってきました。


それに今年3月に雑誌マリクレールのトークショーに参加したとき、

今最高のラグジュアリーは「発信すること」とおっしゃっていました。
(モエシャンドンの社長だと思うのですが、お名前がはっきりわからず失礼!)

情報はネットにつなげばいくらでもありますからね。

私は走るという自分のリズムで、もっと自分の人生に加速度がついてきました。
女性はなんと言っても、バランスが大事ですからね。
続けることで強化していきたいです。


こちらの本を読み終えたらきっと読みたくなる本


遠い太鼓遠い太鼓
(1990/06)
村上 春樹

商品詳細を見る




学問のすゝめ―人は、学び続けなければならない学問のすゝめ―人は、学び続けなければならない
(2001/03)
福沢 諭吉

商品詳細を見る

関連記事

テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌

 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/117-5bbae40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。