05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 23:02:14
明日は横浜国際マラソンです。

去年は雨の中、国立競技場に応援に行ってきましたが、
今年は用事があって応援にもいけません・・。

(昨年のエントリーはこちら
トータルワークアウト―3週間で劇的にカラダが変わる魔法のトレーニングトータルワークアウト―3週間で劇的にカラダが変わる魔法のトレーニング
(2003/08)
ケビン山崎

商品詳細を見る


今年のレースには間に合いませんが、
こちらの本はなかなかいいです。あの野球の清原選手も肉体改造でお世話になったケビン山崎さんによる、「3週間で劇的にカラダが変わる魔法のトレーニング」

無酸素運動により、体脂肪を落とし筋力を増やすというトレーニング。
フィットネス=体脂肪のコントロールという考え方。

私もちょっとお腹周りが気になってきたので、
軽い腹筋を風呂上りの習慣にしています。
(なんで走っているのに減らないのかしら・・?食べすぎ?
腹まわりと太腿が気になるお年頃です)

この手の本は、ぜひご自身で手にとって吸収したほうがいいと思いますが、
この内容には「おっ!」と思いましたので、ちょっとシェアします。

スライドを伸ばすために「股間を増やす」トレーニング
ダッシュをするときの理想的な角度。
→上半身を6度ほど前へ傾ける。
→片脚を振り上げたときには、上半身と振り上げた太ももの角度が70度。
→その脚が後方へスウィングしたときには、脚の付け根を基点に地面との垂直線と太腿の角度が20度。

この理想的角度を実現するために”股関節の可動域を広げる”こと。(股間を増やす)
股間を増やすためには、まず体幹(上半身)がしっかりとたっていることが重要。
→体幹をしっかり立てながら股関節を大きく広げて走ろうとすると、腹筋に負担がかかる。
腹筋を起こして走る。

女性はケビン山崎さんの弟子(?)の池澤さんの本が参考になると思います。
(私はまだ手にしていませんが、周囲でもAmazonでも好評のようです)

トータル・ワークアウト式3週間ダイエットバイブル―キレイに引き締まるレシピ100トータル・ワークアウト式3週間ダイエットバイブル―キレイに引き締まるレシピ100
(2007/03)
池澤 智

商品詳細を見る


明日、横浜走る方も、
再来週つくば、大田原走る方も自己ベストでるといいですね。

横浜走るお知り合いの方で、坐骨神経痛でかなりやられている人がいるのですが、彼女が無理しませんよーに。

関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1170-23e3f228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。