09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 09:36:42
昨年、話題を読んだ「日本語が亡びる」に対する周囲からの評判に対する反応が書かれていて、おもしろいです。
ご本人は、「女だてらに」と批判されることを望んでいたようですが、好評でした。とくに男性に。


日本語でよむということ

日本語で読むということ日本語で読むということ
(2009/04/22)
水村美苗

商品詳細を見る


以下抜粋。

なぜ日本語がかわってしまったのかはよくわからない。戦後民主主義教育の中で、戦前の日本を否定すること、それが歴史を否定することにつながり、そのうちに、その否定がたんなる忘却と化したのであろうか。忘却の中で、新しさということのみに意味を求めるようになったのであろうか。


また、日本では算数レベル程度でも、
アメリカに渡ると数学が天才的に得意と言われ、
そのことから、経験した

自己というものが諸関係の総体でしかないということは現代の常識である




私にとっては、上記の言葉が、すごく身におちる感じでした。
(今、ものすごい私この諸関係のバランスが悪いのか、迷いの中にいる気がします)

私小説で賞をとったときのスピーチがとてもすてきな日本語なので興味のあるかたはぜひ。
「脱構築」という概念についてちょっとわかります。
(21世紀前半は、脱構築がキーワードだと思います。思想において)

話題をよんだ本については、
時間をおいて読みたいと思ってます。

関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1186-52dab44f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。