09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 22:11:09
年末、押入れの本棚から出てきた本。

これは、いまこそ読みましょう!
インターネット的 (PHP新書)インターネット的 (PHP新書)
(2001/07/14)
糸井 重里

商品詳細を見る


こちらの記事を読んでいただければわかるのですが、

ミシマ社の三島さんが編集でした。

私、「インターネット的」を発売されたときに買っていたようです(手元にあるのは第一版)。
当時、この本を読んでも、「ほぼ日」をつき合わせて考えられるくらいしか、
ネットの世界には興味がなかったのですが、
今、こうして自分がブログを書いたり、ネットで情報を得たりしていると、
とても腑に落ちる点が多いです。

たとえば、『「消費者」という人はいない』

マーケティング関係の本を読むたびに感じていた違和感、
「消費者って誰だ?」と。
「消費者はかしこくなったとかいうけど、自分だってあるときは消費者になり、
あるときは売り手になる」
ものごとを二元論でとらえるのはよくないんじゃないの。
じゃぁどおしたらいいんだ、というそのアドバイスまで、
糸井節(?)で書かれています。

この本読んでいたら、思い出したのがこちらの本。

幸福の方程式 (ディスカヴァー携書) (ディスカヴァー携書 44)幸福の方程式 (ディスカヴァー携書) (ディスカヴァー携書 44)
(2009/09/09)
山田 昌弘電通チームハピネス

商品詳細を見る


糸井さんもコピーライター出身(いまも?)ですので、
広告をつくる人っていうのは、本当に「今」の時代の中で
なにをつくっていったらいいのか、
なにをつくっていったら「幸せ」なのか?
っていうところを突き詰めてるなぁと思ったしだいです。


「インターネット的」が発売されたのは、2001年です。
なのに、内容は今でも新鮮に感じます。


関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1249-143cbe15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。