09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 07:25:03
久々に小説を読みました。
(6月は梅雨なので、短編集をいくつか読もうかと・・)

チギレグモノ、ソラノシタチギレグモノ、ソラノシタ
(2009/08/19)
石井 裕之

商品詳細を見る


カリスマセラピスト(?)石井裕之さんによる小説。

本当に大切なことは物語にしないと伝わらない、という思いがこもった小説だと思います。

読むのは、結構恥ずかしいです。

ですが・・・・

1話から7話までのストーリー。
7話の後半から目が涙でいっぱいになりました。

登場人物は、みんなどこかしら自分にあてはまります。
もしかしたら、全部当てはまるかもしれません。


彼らのところにやってくる、老人。

「ちょっと心のゲームをしませんか?」

・正反対をイコールでつないでみる
・逆説の接続詞の前後をひっくり返す
・いかにも自分がいいそうにもないことを考えてみる
・ひとつのいすに二人とも同時に座る
・時間のブロックを操作して、感情をコントロールする
・キーワードを再帰的に使って、新しい発想を刺激する
・ネガティブな感情や言葉の中にポジティブな意味を見つける


自分のためにはできないことも、人のためにはできてしまう。
人間には、そんな不思議なところがあるのかもしれない。

自分のことに気力がわかないなら、誰かのために夢中になってみればいい-。

思えば、俺、自分のことばっかりを考えて生きてきた。
自分のことが嫌いで、自分の将来にも見切りをつけていて・・・。
毎日まいにち、そんな自分にだけ向き合っていたら、
そりゃあ、気力も湧いてこないだろう。

つまらない自分でもいい。
胸をはれるものなんかなくてもいい。
でも、そんな自分でも、きっと、誰かの力にはなれるはずだ。


なんだか、ちょっとだけ自分を超えられそうな気がしてきた。





疲れたときの息抜きに。




関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1452-a595162d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。