07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
「素読教育の必要」 
Posted on 05:01:08
小林秀雄・岡潔氏の「人間の建設」の最後に紹介されていたタイトルです。



人間の建設 (新潮文庫)人間の建設 (新潮文庫)
(2010/02/26)
小林 秀雄岡 潔

商品詳細を見る



ちょうど、この本のあとがきに感想をかいている茂木健一郎さんのブログで、
似たような内容のことが書かれていて、とっても腹に落ちました。



茂木健一郎 クオリア日記


「勉強するということ」

(略)

先生 「そうだよね。不思議に思うよね。普通は、君みたいに、小さな子どもでいる時が、いちばんやわらかいと思う。そうして、勉強して色々な知識を詰め込むと、だんだん硬い人になってしまう。そう思うかもしれないけれども、実は、勉強をすればするほど、やわらなくなる方法があるのです。名付けて、忍法、ふにゃふにゃの術。エヘン。」

子ども(目を輝かせて) 「へーえ!」

先生 「君も、たくさん勉強して、ふにゃふにゃになる方法を知りたいだろう。」

子ども 「知りた~い!」

先生 「そうだねえ。その前に、なぜ、勉強するとやわらかくなることができるのか、そのことについて、ちょっと考えてみようか。」

子ども 「うん。」

先生 「ちょっと待った! そう簡単に、先生に答えを聞いてはいけないよ。まずは、君が、どうしてなのか考えてみて下さい!」

子ども 「えーっ!」







小林 : 「(略)古典はみんな動かせない「すがた」です。その「すがた」には親しませるということができるだけで、「すがた」を理解させることはできない。とすれば、「すがた」教育の方法は、素読的方法以外には理論上ないはずなのです。(略)」


岡 :「(略)ところが知らないものを知るには、飛躍的にしかわからない。ですから知るためには捨てよというのはまさに正しい言い方です。理性は捨てることを肯(がえん)じない。理性はまったく純粋な意味で知らないものを知ることはできない。つまり理性の中を泳いでいる魚は、自分が泳いでいるということがわからない。」


小林 : 「お説の通りだと思います。」






私、年齢がもう三十路に入っていますので、
素読が有効な年齢はすぎているんじゃないかと思いますが、
声に出して読むのって、とっても脳にいいような気がします。

それを自分でまた聴くのも悪くないです。

以前は自分の声を聴くのは恥ずかしかったのですが、
まったく恥ずかしさは感じません。

他人の声を聴いているような感じです。

他人の声のような感じだけども、
自分の声とわかっていて、その声が心地いいのです。



これで、声まで改善されたらなぁと思いつつ、、


しばらく、声に出す、を続けようと思います。
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1476-e2d35a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。