03 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 05
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
 
Posted on 23:24:56
本日は雨。

計算ドリル ようやく一週間分終了。
5日分を10日かけて終わりにしたみたい。
2倍ですね。たった2分くらいのものなのに。

これからはこのドリルをもっと習慣にしていこう。
どうやらテキストに書き込んでいるので、ちょっとかまえてしまうみたい。

朝、家を出ると粗大ごみが捨ててあり、
気になったけど、そのまま駅へ向かった。
駅近くになって、ジャケットを着用していないことに気づき、
家に戻るのと同時に、捨ててあったもののなかに気になるものがあったので、
持ってかえるか、否かの選択の時間ができる・・・


結果、雨のなか拾ってしまいました。
今 我が家でいいポジションに置かれています。
しかもほしかった商品の自分好みのデザインだったので大満足。
一部破損はありますが、いいもん拾った(笑)。

これって「引き寄せ」てるね。

会社へ行く前のカフェではあまり時間がなく、
最近読んでいる本を少し読み進める。

私はこうして受付からCEOになった私はこうして受付からCEOになった
(2007/11/30)
カーリー・フィオリーナ

商品詳細を見る


まだ前半だけれども、とても面白い。
彼女が女性であることと、スタンフォードで哲学を学んでいたということが、
自分にとっての共通点なので、共感できるところが多いです。

ビジネススクールを断られたときの一文。

「私の経歴はあまり魅力的ではなかったらしい。GMATの成績はよかったし、
スタンフォードを優等で卒業してもいる。ところが専攻は歴史と哲学。職歴は受付と英語教師。
これでは目標を見失った放浪者と受け取られても仕方がない。それでもビジネススクールへ行きたかった。」

気に入った一文。

「老子の言葉にこういうものがある。『最も理想的な指導者は、部下から存在することさえ意識されない。部下から尊敬される指導者はこれより一段劣る。恐れられる指導者はさらに劣る。軽蔑されるのは最悪である』」


スポーツ用品店で、ランスカを購入しようと帰り道立ち寄りましたが、
スカートと、スパッツの部分が一緒のタイプは本当にファッションなので、
膝対策にならないと気づき、さらにちょっと自分のスタイルの欠点にも目がいってしまい、
購入は断念。
どちらかというと、かなり計算された機能的なスパッツ+短パンorランスカを購入しようと思いました。

そのため3月のマラソン大会は前回と同じウェアに東京マラソンでいただいたT-シャツにしようかな。
アームウォーマーだけは買おうかしら。
水曜に決めよう。

22時はお布団に入る。

「バラのない花屋」

第一話しか見ていなかったので、ストーリーはほとんどわからないのだけど、

「あなたを摘みに来ました」とかいうセリフにぐっときました。

関連記事

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/16-ef3f71e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。