05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 16:11:18
23日は満月でした。
そのときに、ふと「ショーシャンクの空に」のストーリーを思い出しました。

あの映画はクライマックスで「!!!!」となりますが、
それ以前に自分が印象に残った点がありました。

銀行員である主人公が、無実の罪で刑務所行きになるのですが、
刑務所の中で、彼は銀行員であることをいかして、
警備員や刑務所の所長に税務関係でアドバイスをしていくんですが、
着のみ一つでどこでも仕事ができるというスタイルにとても感銘をうけた記憶があります。

ショーシャンクの空に [DVD]ショーシャンクの空に [DVD]
(2010/04/21)
ティム・ロビンスモーガン・フリーマン

商品詳細を見る

 


私自身、道具を使わないことにとても魅力を感じるようでして
(ランニングとか、ヨガとか、、昔から少林寺拳法とか身体をはったものが好きだった。
自転車乗ったりするのも好きですけど・・・)


簡単にいうと手に職ってことですか。


これまでの社会人生活、就職活動、生まれた土地で感じてきた不満や不安。
そういったものすべてひっくるめて、
自分が今取り組んでいるのはとても理にかなったものだと思うようになりました。

うまく言えないし、とてもつらい経験があるのでまだこちらに書くのは躊躇しますが・・
(失恋とかじゃないぜ!!)


なので、こちらの本のストーリーから自分の気持ちを引用。

アフターダークアフターダーク
(2004/09/07)
村上 春樹

商品詳細を見る


「実を言うとさ、何かを真剣に勉強したいっていう気持ちになったのは、生まれて初めてなんだ。(略)それでまずまずの結婚をして、まずまずの家庭をもって・・・ね?でもさ、そういうのが嫌になってきたんだ。急に」


「僕は主に刑事事件の裁判を傍聴した。(略)」

(略)

「でもね、何度か裁判所にかよって、事件の傍聴をしているうちに、そこで裁かれている出来事と、その出来事にかかわっている人々の姿を見ることに、変に興味を持ち始めたんだ。っていうか、だんだん人ごとんいは思えないようになってきたんだよ。(略)僕は平和主義者で、性格温厚、子供のころから誰かに向かって手をあげたことだってない。だからまったくの見物人として、裁判を高見から眺めていることができた。よそごととして」

「しかし、裁判所に通って、関係者の証言を聞き、検事の論告や弁護士の弁論を聞き、本人の陳述を聞いているうちに、どうも自信が持てなくなってきた。つまりさ、なんかこんな風に思うようになってきたんだ。二つの世界を隔てるものなんてものは、実際には存在しないかもしれないぞって。もしあったとしても、はりぼてのぺらぺらの壁かもしれない。ひょいともたれかかったとたんに、突き抜けて向こう側に落っこちてしまうようなものかもしれない。というか、僕ら自身の中にあっち側がすでにこっそりと忍び込んできているのに、そのことに気づいていないだけなのかもしれない。そういう気持ちがしてきたんだ。言葉で説明するのは難しいんだけどね」


「(略)裁判が終わって、霞ヶ関の駅から地下鉄に乗ってうちに帰ってきて、机の前に座って裁判のメモを整理し始めたんだけど、そのときに僕は突然、どうしようもない気持ちになった。なんていえばいいんだろう、世界中の電圧がずっと下降してしまったみたいな感じだった。すべてが一段階暗くなり、一段階冷たくなった。(略)」


「とにかくその日を境にして、こう考えるようになった。ひとつ法律をまじめに勉強してみようって。そこには何か、僕の捜し求めるべきものがあるかもしれない。法律を勉強するのは、音楽をやるほど楽しくないかもしれないけれど、しょうがない、それが人生だ。それが大人になるということだ」

この小説のこの節、昔知り合いが教えてくれたなぁ・・。

2010年 おひつじ座の空模様。

やがて冬がくると、貴方は、新しく発見した自分を試すような、
あるミッションを選びとるかもしれません。
これは、過去に失敗したことに再度トライするとか、
なにかを学びなおしたり、
力を示すための実験を試みたりするような
そんな出来事ではないかと思います。
あるいは、今までの自分の殻を打ち破るために
敢えて、その殻自体に立ち向かうというような出来事
なのかもしれません。
いずれにせよ、ここでは、
「まったく新しいことをスタートさせる」のではなく、
この先、全く新しいことをスタートさせるために、
古いものを思いっきり壊すような
そんなプロジェクトに着手するのだろうと思います。




そんな感じの一週間。
今週一週間もしっかりいきますか!!




関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1624-042624b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。