05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 23:37:31
講演会から帰って、
メモを見直しながら数時間前のことを思い出していました。


今回、いい意味でご本人から人生の余裕のような風格を感じました。

たぶん、子育てにまつわる苦労話を
正直に話してくださったからだと思います。


これまで書籍のなかで、「これは勝間和代だからできたことではありません」
とよく書いているのを読みながら
「いや、それは並々ならぬ継続と努力の賜物でしょう」とどこか自分とは突き放して読んでいました。

でも、今回の講演に参加して、
ご本人は本当に、これは自分だからできたことではなく、
学ぶことをやめなければ誰でもある程度の自由な環境に囲まれて
毎日楽しく過ごすことができるんだよ、というのを生の声を通して
皮膚感覚で感じることのできた時間でした。

私も10年後には、つらいときは「たんたんと歩いていけばいい」なんて、
自分の経験を通して伝えられるようになりたいですね。

キーワードはまさに「相互依存」(interdependence)

相互依存による人生の自由度、
もっといえば、その反対にある共依存がどれほど人生を苦しめるかを感じました。


年末のお忙しい時期に、
貴重な時間をシェアしていただき、まことにありがとうございました!
(講演会の最後にはドーナッツのシェアというおまけつき!!)


以下、メモしたことをいくつか抜粋。
(いくつか・・のはずが)



本の帯の写真はハイチで井戸をなおしている時のもの。
言葉がわからない人でもわかるようにTシャツに手を洗う方法などがかいてある。
(コレラになる理由は手を洗う、ということを知らないということからくる)


証券会社の社員で本を出したときは、名前は隠すように言われた。
当時思ったのは、自由度がない。
通信関係以外のことを話してはいけない。

本当はフリーの証券アナリストになりたかった。


やればやるほど、自分の力は2%。


一番大変だったのは、
■人とのジェラシー■

2009年 忙しくした。
社会調査として、いろいろやってみようと思った。
結論として、向き不向きがあるww

結局 ぬりえでしかない。

いろいろ塗ってみて、
はずれたところは黒くなる。

(本当は徹子の部屋みたいなのができると思っていた。
オプラ・ウィンリーが好きであんな風になれると思っていた。
彼女が涙ながら話すから会場が涙する。
自分にはその苦労がない。とても恵まれていた)


長期的に信頼をされる人とは、

無意識と意識的にやっていることに
隔たりがない人が長期的に信頼される人。



自分の無意識をしっかり理解して、
それを統合しないとうまくいかない。


欠点と利点は裏表である。
これを理解するのに40年以上かかった。

早口→ 頭の中の情報処理が早くて言葉が追いつかない。


EQ 数学処理能力
SQ 共感化能力

アパレル業界→いろんなことがなぁなぁで流れていく
カチカチとしたことが苦手。

(自分の会社の違和感ってそこかも。逆にいうと、強みにもできる??)


自分が知っていることがどれほどゆがんでいるかを理解すること。


自分たちが会話だと思っているものはほとんど会話ではない。

数字は歪みにくい。


想像力

・どれだけ未来のことを考えられるか。



貢献残高

相手に対してGiveができることは、
とっても幸せなことである。

人はみな凸でこ凹ぼこがある。
それを理解をするのに10年ぐらいかかった。


共依存 →できないところをみてほくそ笑む
相互依存 →できないところがあるんだから補っていくのがいい。

夫婦関係は相互依存が望ましい。


自立と相互依存 →人のせいにしない

自立とは、、マイナスもプラスも含めて自分で責任を負うこと。

DVの女性が抜けられない理由
→経済的に自立できない

コンプライアンス違反がやめられない
→会社から離れられない。

経済的自立と精神的自立 は裏表

相互依存 →できることは自分で
できないことは、他の人と協力しあって。
(相手のことを盗むのではなく、)

2008年 がーっと取り組んで
2009年 いろいろ引き受けすぎた
2010年 仕事の整理をした・


■長くつき合える人を見つける。

一人でも多くの人とつきあう。


相互依存の友達 → 自分から気づくことを待っていてくれる。異性の場合も同性の場合もある

仕事仲間、恋人、
→ある一定の利害関係があるから一緒にいる、というのが共依存



相互依存できる友人は1年に一人ぐらい。
(相手が犯罪を犯して刑務所に入ったら、、、というのも判断基準になる)


どうやって本当の仲間をみつけるか・・・


もっと学び続ける仲間。

自分がいろんなことを学べば学ぶほど、
いろんなことがクリアになる。

学びからしかでてこない。

自分で実践する。

どうやってグルメになるのか・・?
いろんなお店にいくしかない。

人間関係はどうやってつくるのか?
自分がいろんな人とつきあってみる。
自分の経験の組み合わせでしかできない。

アイディアは組み合わせでしかでてこない。

相互依存の相手。
→一番いい情報をもってきてくれる。

本当にいい本。→ひとから教えてもらった本。

共依存、相互依存の話は、
本当に自分が信頼してる人からしか入ってこない。
自分が信頼される人になる。

虐待をうけるようになると、皮膚感覚でわかる。

どことなく、口の動き、目の動きでわかる。

一緒にいると疲れる、という人とはつきあわなければいい。

たんたんと歩いていけばいい。

貢献残高が増えていくと、
お金が増えていく。


本人がやる気がないとやらない。

コントロールすればするほど、
うまくいかない。

関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1652-58e9ccb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。