09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
17week-dream fighter 
Posted on 22:23:28
振り返りというより、昔の話になってしまった。
ちょっと長いです。

月の振り返りは(世間でいってる)GW中に。
今週は(も)あっという間だったのですが、
自分がいったことのない国についていろいろ考えた週でした。

それは、マザーハウスでネパールの洋服が販売されたこととか、
ウガンダの少年の話を知ったりしたからかもしれません。
さらに、夜甘いものが食べたくなってチョコレートを買いにいったりするのですが、そのチョコレートもガーナの小さな女の子たちによる過重労働によってとられたカカオ豆によってできているのかなぁ、と、
身近なものだったり、空を見ながら外の国を思う時間がいつもより多かった気がします。

29日に参加したマザーハウスの山口さんの講演会場は、
私が学生時代2ヶ月だけアルバイトをした場所でした。
今、会社員として働いていますが、
あのときのアルバイト時代ほどつらかったことはありません。
自分が辞めるときに、
「次にここにくるときは、気軽にホテルの予約ができるようになっていよう。そしてそして・・」と思っていました。

なので、当時から10年以上たって、
ホテルの部屋を気軽に予約できるほどにはなっていない自分と、そんなことを思っていた昔の自分を思い出して懐かしくなったりしていました。

ホテルのバイトは英語のブラッシュアップと、
マナーの向上のため!と思って始めたのですが、
ブラッシュアップどころか、今では下降しているので、
本当に反省です。


学生時代の私の将来の夢は、
マスコミで働くことでした。
高校生の時に父親がテレビ局で働いていたという友達からは、「茨城の人はなまりがひどいからアナウンサーにはなれないよ」といわれ、それなら新聞とか雑誌社で働きたいな~と思ってました。
(高校の時はマスコミで働くのはかなりの競争を突破しないとは知りませんでした。)

先日、マラウイの少年の噂が新聞やラジオを通じて、
世界中の人に知られていく過程を本で読みながら、
私も自分の生まれ育った土地のことを思いました。


風をつかまえた少年風をつかまえた少年
(2010/11/19)
ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー 他

商品詳細を見る


今では「町」になっていますが、
最近までは「村」でした。
私が中学にあがるまでは、友達の家に電話をかけるときは4桁の電話番号でかけることができました。
それくらい人口の少ない土地でした。

スーパーに買いものにいくにも、
肉や魚は山を越えて買いに行ってました。
週に1度となり町まで車に乗って、
月に一度は本屋さんで「りぼん」とか「なかよし」を買うのを楽しみにしていた子供でした。


山道はカーブが多いのですが、
当時はカーブのところにミラーもあまりついていなくて、
運転があぶなっかしい母親は「ミラーがあったらなぁ」と言っていました。ミラーが道に取り付けられるには、実際に事故が起きて警察の人が見に来ないとつくことがないと言っていて、それなら、そういう問題を新聞社の人が記事にすればいいのに、と思って以来なんとなーく、マスコミの仕事につこうと思っていました。
趣味も本を読むくらいだったので、自分にはそれしかできないだろうと思ってました。

本当は文章を書いたり、
積極的に主張するのが苦手で、
広報なんかの社内で言ったら華やかな部署もあわない。
しっかり自分をわかっていれば
さっさと諦めもついたのでしょうが、
本当に諦めることができたのはここ1年ぐらいのことです。

(こうして文章を書いたり、
結構いろいろ言ったりすることもあるので、
そういったことが「苦手」ではないのですが、
「得意」ではないし、「うまく」ありません)


諦めることができたきっかけはいくつかあるのですが、
その一つは、就職カウンセラーのアドバイスでした。

長くなったので、細かくは書きませんが、
当時、「会計士の仕事がいいんじゃないかな?」
と言われたのは印象に残っています。

それから勉強しようと決意するまでちょっと時間があり、
今ではその試験勉強も時間がかかるものだなぁと思いながら、ときどき、いろいろ犠牲にしていることがあることに気づいて悔しくなったり、むかついたり(笑)しています。

それでも過去に戻ってこうできたらな~と思うことはありません。
自分にとって満足いく時間でなかったり、情けなかったり惨めな時間であっても、当時の自分にはそれが精一杯なのだ、という風に生きていたように思います。うまくいかなかったり、成果がでていないのは、「やり方」を知らなかったんだなぁと思うからです。続け方とか、覚え方、などなど。

なのでそのやり方をシェアしていきたいとは思いつつ、まだまだ何かの過程で失敗したりつまづいたりしている時間の多い今日この頃です。

と、夢について思ったのはこの曲を聴いてたからかな。


perfume dream fighter



はい、では週の振り返り。

1、ランニング →目標走行距離 180キロ
2、ストレッチ →腹筋、腕立て伏せ、背筋 合わせて200回以上目標
3、会計の勉強 →テキスト終わらせて、計算を問題なくすることが目標。
4、1日30分の英語 →手帳を使って単語の復習
5、朝手帳で予定を確認し、
  夜、当日の振り返り、翌日の予定を確認する

1,2 
いまだに喉が痛くて、咳が出てまして、
自転車で長い距離移動するようなことはありましたが、
足で走ることはしませんでした。
連休中にためしに走ってみます。

3、
覚えては忘れてしまいます・・。
今日、カフェにいったら、目の前のカップル?が
簿記の勉強をしていました。
帰ろうと思って席をたったら、
近くの席の方が同じ電卓を机に置いていたので、
ちょっと気にしてみてみたら、
同じテキスト持ってました。 

簿記って今流行ってる?
それとも銀行とかに入った新入社員が会社の研修とかでやってるのかな?

4、
まったくできてないのですが、5月は英語を通した出会いがあるかもしれないと思ってます。
6月に英単語猛勉強する!ごろ合わせの単語帳を買う予定。

5、
手帳は朝。夜は毎回毎回、疲れたーとか、「これどうやって覚えようかな」ってごろごろしているうちに寝てしまってました。毎日のやることはできていなくても、週単位で見たらできていたってことが多いです。タイムスケジュールが今後の課題のような気がします。今は時間には追われてません。自由です。たぶんあまりよくない意味で。


2011/5/2-5/8 おひつじ座の空模様。

よくわからなかった状況や、
誰かの見えなかった本音、
漠然としたアイデアとか、
今後の方針など。
正体不明のなにごとかについて、
ようやく、そのしっぽが、ちらりと見えます。
そこをぐっと掴んだとき、
しっかりした具体的な手応えが、
感じられるだろうと思います。



しっぽかぁ・・。食品会社につとめて、アフリカ産のもの扱うってのはどうかな。
今週は休みがいくつかまとまってあるので、
計算問題をパターン化して覚えられるようにしていきたいと思ってます。
実家にも顔を出す予定。

以上、40分プラスαでした。
(いまだにdynabookのパソコン慣れません。
3年ぐらいLet's note使ってましたが、
なぜビジネスユーザーが多いのか分かった気がします。)


最高を求めて終わりのない旅をするのは、
きっと僕らが生きている証拠だから

もしつらいことがあったとしても
それは君がきっと、ずっとあきらめない強さをもっているから

僕らも走り続けるんだ

零れ落ちる涙も全部宝物

現実にうちのめされ倒れそうになっても
前をみて歩く dream fighter 


perfume 「dream fighter」







関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/1711-3e5b6198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。