07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 11:20:55
今月は「Googleをマスター」し、「洋書を一冊読む」ことに目標にしている私。

てっとり早く二つを手に入れることができる本(?)を購入しました。
(あ、こういうのレバレッジが効いてるっていうのかしら?)

The Google StoryThe Google Story
(2005/11/15)
David A. ViseMark Malseed

商品詳細を見る
この本、AmazonでCD版を購入しようと思っていたのですが
audible.comでも入手できることがわかり、この際audibleに登録することに。

方法は勝間さんのこちらのサイトに詳しく書かれています。

が、勝間さんもおっしゃっているように、どこかでひっかかります。
実際、私7月の上旬に購入して、ダウンロードできたのは本日ですから!

audibleは英語サイトなので、詳しい手順は野口悠紀雄さんの超「英語法」に、いちから手順が書いてあります(かなり詳しい)

私の場合の失敗は、「Audible Manager」をダウンロードした後、購入したソフトをダウンロードする、という手順が逆になっていたため、うまくいかなかったようです。

(「Audible Manager」か「Audible download Manager」か、でもまたちょっとてこずった)

なので購入すると「My Library」に購入した本の「ダウンロード」の案内が出るのですが、
この「download」をクリックして、音声を聴こう、とする前に、

「Audible Software」のサイトで、まずは自分の希望のソフトをダウンロードしておくこと。
(iPodをもっている方なら、「Audible Manager」でOK。ダウンロードするとiTunesに取り込まれます)

ちなみに、お値段は、Amazonで$29.95(本日\3347)。
これが、Audible.comだと、$19.58。

で、さらにAudibleで月会員になると、なんと$7.49で購入できます。
(最初の三ヶ月は$7.49、その後は$14.95でひとつの本が購入できます。
詳しくは実際にaudible.comを開いてみてください)

私はこれを機会に、Audibleの月会員に入会しました。
今年いっぱいは一ヶ月にひとつ、洋書を入手、聴いていこうと思います。


関連記事

テーマ:洋書
ジャンル:本・雑誌

 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/188-bee8b117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。