07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 22:54:49
どうしても今日はこの本を案内したかった・・。

本日、見事私の母校が甲子園出場を決めました!

7月24日通り7月24日通り
(2004/12/21)
吉田 修一

商品詳細を見る
え~っと、甲子園のほうから。

私の出身は、ちょこちょこ書いておりますので、ここでは伏せるとして・・。
私、中学3年生の夏に、地元の高校球児の大ファンになりまして、
その後、周囲の大反対を押し切って、その高校へ入学しました。

往復4時間かかる通学で、私立だったため高額な学費がかかってました。
本当にわがままで、親には申し訳なかったなぁと、働くようになって自分の月給みながら思います。

高校時代は、必死に勉強してました。
もちろん電車の中では、英単語・古文単語の暗記しまくってましたし、
高校時代には、ボーリング一回いったきりで、遊んだことがありません。
(なので、地元を出て「カラオケいったことない」と言ったら、「どこ住んでたの?」ってよく言われました)

そんな勉強にあけくれた毎日でしたが、高校3年の受験真っ只中になって、
「大学いきたくない」病?になり、いろいろあって(なくて)、とにかく上京しました。

まぁそんなこんないろんなことがあって(そりゃ人生ですから)、
大学も卒業して、働いてます。

ちなみに、今回の本の作者と一緒の学校です。

はい、本題。
なんてったて、本日は7月24日ですからね。
この本は、長崎が舞台なのですが、主人公が、長崎の街をリスボンになぞらえているところがちょっと素敵。ストーリーも全体として、気持ちがいいです。

と、、実は今となってはあまり内容を覚えていません。
連休中に妹に貸したりしていたのですが、私にとってこの本から得たのは、
こちらの部分が大きかった気がします。

小説の中でたしか2回ほどでてくるフェルナンド・ペソアの詩

不穏の書、断章不穏の書、断章
(2000/10)
フェルナンド ペソア

商品詳細を見る


文学は、他の芸術と同様、人生がそれだけでは十分でないことの告白である。



生きるものと 人生
どちらの側に 河は流れるのだろう



偉大であるためには 自分自身でなければばらない
なんであれ 誇張せず 排除しないこと



「7月24日通り」で出てくるのはこちらなんですが↓、
一冊家において、時々ぱらぱらと眺めるのもいいもんです。

ポルトガルの詩人ってめずらしくないですか。
捉え方によっては、シニカルなものもあって面白いのです。

ポルトガルの海―フェルナンド・ペソア詩選 (ポルトガル文学叢書 (2))ポルトガルの海―フェルナンド・ペソア詩選 (ポルトガル文学叢書 (2))
(1997/01)
フェルナンド ペソア

商品詳細を見る

今回抜粋したのは、小説にでてくる詩とは違いますよ。

追記:2011年の7月24日にテレビがデジタルにすべて切り替わるんでしたね。こんなAmazonで検索してこんな本があったので・・・2011年7月24日 テレビが突然消える日 (朝日新書52) (朝日新書 (052)) (朝日新書 (052))
関連記事

テーマ:高校野球
ジャンル:スポーツ

 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2010/07/25(日) 14:18:28
URL | 藍色 #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/190-06a6a112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。