09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 00:07:41
こちらでご案内しました「本の力」セミナー。

今日、仕事しながら、「あること」が舞い降りてきた私には、とっても収穫ある2時間でした。
mindmahonnotikara
(↑当日のマインドマップ。かなりシンプルです)

正面向かって右から、勝間和代さま→小宮一慶さま→ディスカバー干場社長さま。
座ってのトークセミナーだったのですが・・・

小宮さん、お酒入ってました?
ちょいと「おやじギャグ」炸裂で、なんだか微妙な盛り上がり。

って、先ほど30分ほどかけて書いていた自分の文章。
ちょっと調べごのためサイト移ってしまって、消えてしまいました・・・くー!


①社会人のための読書
②Web時代における本の課題   が今回の趣旨。

①については、勝間さんの「読書はグルメと同じ」というのに、納得。
(だから家庭料理(=Web)がどれだけおいしくてもレストラン(=本)はなくならないというもの
いろんなものをしっかり味わおう、行動に移そう、と)

なんだかんだで、詳しくはビジネスマンのための「読書力」養成講座を読めばわかります!
(そういえば、私は斎藤孝先生の読書力 も読んでました。)

②については、もう勝間さんの読書進化論を買うしかないです。こちらの本は小学館から初めて出版される新書シリーズの第一号とのことで期待も膨らみますね。
こんなサイトまでオープンされてます→読書進化論

本を媒体に、インタラクティブ・双方向をはかっていこうという試み。
私もぜひ参加しようと思います。

このセミナーに参加してよかったのは、ひとつのボトルネックがはずれたこと。
本を毎日読み、その本をほとんど手放すことができない私は、
「知的コンプレックス」があるんだと思っていて、
「読書する自分」「本棚に本を収めている自分」をあまり好きになれないでいました。

でも、勝間さんも、小宮さんも、ベットの周りには本が必ずおいてあるというし、
本をもっていないと不安になるとおっしゃっていて、

「私とおんなじだ~」

と共感できて、嬉しくなりました。

(私は、出勤前の自分の気分によってだいたい2,3冊以上持ち歩いています。
①今読んでいる本②今日の気分な本③実用書(英単語帳)
④気分がのらなくてもこれならスキマ時間で読めそうな本)


****
私、学生時代に読んだこの本思い出しました。

編集者の学校編集者の学校
(2001/10)
講談社Web現代

商品詳細を見る

(しかも、出版記念イベントで講談社にいったのを覚えてます)

2000年ころの出版界の課題がたくさん紹介されてた記憶があります。
図書館があることで、出版社はもうからない・・というようなことも。

追記
サイン会に参加したくて、こちらの本買いました。

dokusyoryoku0916
ビジネスマンのための「読書力」養成講座

早速読みましたので、またのちほど、アップします。




関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/302-32c28674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。