07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 23:46:27

運動をすることや、規則正しい生活を送ることは、破壊的なエゴを抑えることになる・・・・しかし、健康でスリムなだけでは充分でない。精神的な気づきも必要になってくる。



まだまだ足りない・・自分の何か。
alt="sairentopawar" border="0" />
スチュワート・ワイルドのサイレント・パワー―静かなるカリスマ

石井裕之さんが翻訳されているとのことで、気になってていましたが、
本屋でページをめくっていたら、先に上げた言葉に出会い、じっくり読んでみることに。


まだ消化しきれていないので、以下メモ書き。

まっすぐ立つ人生ゲーム
1、自分のものでないところに寄りかかるのをやめること
2、未来に寄りかかって、いつも先のことばかり話すのをやめること
3、他人に何も要求しないですむような人生設計をする

サイレント・パワーを身につけるには、相手と反対の態度をとることが必要。
→自分をコントロールし、安定感をもつ。

自分の知っていることの中にとどまり、足るを知り、欲求を持ちすぎるな。
自分自身に向き合うのだ。



人を知る者は智なり、
自ら知る者は明なり、
人に勝つ者は力有り、
自ら勝つ者は強し。
足ることを知る者は富めり。
              『老子』



無為の教え

作業するということは、淡々と目標に向かって進むことだ。一歩ずつ計画通りに、規律をもって進むことだ。(略)必死にならなければならない状況にあるとしたら、それはたいていの場合、何かが間違っているということだ。
必死になることと、行動するということには、大きな違いがある。
(略)行動することは、人間存在の自然な一面だ。

無為とは、諦める能力でもある。退くことは、時として、最もパワフルなスキルとなる。
物事がうまくいかないときに、そこを立ち去ることができる能力だ。
恋愛がうまくいかないときに、きっぱり別れることのできる能力だ。・・・・

ここを読みながら、ふと昨日読んだ、ひろさちやさんの南無そのまんまと、内藤忍の「好き」を極める仕事術 で書いてあったことと重なりました。今できること極める、というのは、自分のキャリアを整理していくうえで、何度も教訓となることですね。

「エーテル」という考えが理解できないまま、だったのですが、
潜在意識に近いものでしょうかね。原書にあたらないとわからないなぁというのが正直なところ。
多分、カウンセラーでNLPなどを学ばれている方にはなじみのある言葉なんでしょうけど。


去るもの追わない、
ランニングも、来年にはフルマラソン走ろうと思う・・
必死にならずに、行動に落とし込めばいいのだ。


takaozan20081127
高尾山で

関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
”independent”を思い出しました
masaさん
こんにちは。
【まっすぐ立つ人生ゲーム】
のところを読んで、フェルデンクライスの講義で耳にする
”independent”を思い出しました。

私が好きな講師の方が、
講義や折に触れ何度も口にされる単語です。

でも、正直よくわからないのです。
何を意味しているのか。
ただ、心に引っ掛かったままあります。

「未来に寄りかかって」にも驚きました。
うまく言えません。
(本を読んでいないので、私の勝手な印象・解釈でしかありませんね)
2008/11/28(金) 10:00:54
URL | Reiko #-[ 編集 ]
Reikoさん いつもコメントありがとうございます。

この考え方は、自分にはとってもしっくりします。
大切なのは他人に寄りかからないことではなく、「自分自身をよりどころとする」ことです。

身体に限らず、自分のことをよく知っているのは自分自身です。
たとえば、「この選択はAにしようか、Bにしようか」と悩んで相談を持ちかけても、実は、相談者を選んでいる時点ですでに、本人の答えは決まっていることが多いのです。だけど、その友達が、「Bがいいと思う」といって、自分が反論するのであれば、「Aがいい」ということを自分はすでに決めていていることになります。そして、友達が「Aがいいと思う」と言えば、「やっぱりそうだよね」といった具合に。もちろん、すべてが、とは言いませんが。

今回紹介した、宗教家のひろさちやさんもおしゃっていますが、
「過去は過ぎ去った、未来はまだやってこない、なら今を生きろ」という話。

理想を求めて、今を粗末に生きるな、目の前のことからしっかり取り組め、というメッセージでもありますね。

このあたりの考えかたは、私自身、去年くらいからじっくり変わってきていることの一つです。
2008/11/28(金) 23:38:24
URL | ★masa #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/501-d3a2b642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。