07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 22:37:01
読んだ後で、どこかで読んだことがあるような気持ちになりました。
帰りの電車の中で、鼻水止まりませんでした・・・。


kabo2008
石井裕之さんのかぼ

セラピストとしての石井さんの本はほとんど読んでいて、
さらにここ一年は「ダイナマイトモチベーション」なるCDを毎週聞いているので、
この小説は身内が書いているような気恥ずかしさがありました。

ストーリーもさることながら、
言葉のひとつひとつにとても響くものがあって、
それでいてその言葉はいつもどこかで聞いたことがあるものでした。

読んだ後で、思い出してジーンとして、
目が熱くなったりしました。


もっと純平を苦しめている切実な問題があるんだってことはわかるよ。
誰かに相談できることなんて、実際たいしたことじゃない。
本当の悩みや苦しみなんてのは、人に相談できるようなことじゃなくって、
どこまでの自分自身で始末をつけなきゃいけないってことだよね。
だけどね、純平・・・・・。

純平がどういう決断をしたとしても、それが純平にとっての正解なんだよ。
うまくいくのもいい。うまくいかないのもまたいい。成功もいい、失敗もまたいい。
そこから、必ず何かを得ることができるんだから-。

選ぶ自由があるから葛藤したり、迷ったりするんだよね?

葛藤があるってことは、自由だってことなんだよ-。


思い出せばいいだけなんだよ。むずかしくなんかない。
むかし信じていたものを、ただ思い出そうとするだけでいいんだ。
生きていくってことはね、どこかに置き忘れてしまった宝物を探す旅のようなものなんだ。

たとえば、はじめて会ったはずなのに、ずうっと前から知っていたような気がする・・・・
そんな人と出会うことがあるよね?


読み返せば読み返すほど、
目頭が熱くなります・・・。

以前から、石井さんが、「本当に大切なことは物語でしか語りえない」という内容のことを書いていましたが、きっとこれがその思いがカタチになったものなのでしょう。

私も学生時代、「物語る」ことでしかその人の「Who」「WHAT」は表にでてこないと思って考えていましたが、小説家のすごさというのを改めて感じました。

誰かにプレゼントしたくなる本です。



関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/515-69c2c6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。