07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 21:29:28
発売日に、閉店間際の照明が落ちた書店で購入しました。

sasakiさん、お仕事お疲れ様でしたー!


石井裕之さん、初のハードカバー、『壁』。

ご自身のブログ
「一度読んだだけでは、たぶん、「?」という印象だと思いますが、
繰り返し読むうちに、心の中に「何か」が育ってくる感じ。
そんな微妙なところを狙った本です」
とおっしゃっているとおり、本日電車の中で読んで、「?」といった読了です。

石井さんの本を読んでいる方なら、特に新鮮さはありません。
いつもの理屈っぽい石井さんの本です。

この本で石井さんは繰り返し、壁にぶつかったら「初心にかえれ」とおっしゃっています。

壁にぶちあたったということは、これまでの自分は100%出し尽くしたってこと。
だから「今までの自分」を捨てて、「新しい自分」を創造していこう。

意識の世界で壁にぶちあたってがっかりしているとき、
潜在意識の世界では、その壁を超えて成長するあなたがすでに動き始めている。

だから、夜明けの直前がいちばん暗い、と言う言葉は潜在意識的には事実である。
逆に言えば、うまくいっているときは、おごるな、ということ。

この本を読んで、
私にとって最初の石井さんの書籍だった「「心のブレーキ」の外し方」を読み返しました。
この本では、他のビジネス書とは反対のことが書かれています。

・広い人脈を持っている人。
・知識や経験を豊富に持っている人。
・自分のことまでの実績に自信のある人。

こういう人は、大きな目標を実現することができません。

「えっ?」って感じですよね。ですが、なるほどー、と思えます。
現在ダイナマイトモチベーションも3回目に突入。つまり一年以上、石井さんの声を聞いて会社に行ってます。断じて、自分はなりたい自分に近づいている。

ちなみに、この「壁」、21日までキャンペーンやってます。
詳しくはこちらをどうぞ。音声プレゼント。1月に配信されるそうです。

何度も読んで、自分の殻を破りたいと思います。断じて!

関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/528-0d3ebbaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。