07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 21:21:14
9月に紀伊国屋書店でキャンペーンがあって、購入していました。

コンサルタントの「質問力
サブタイトルは、「『質問力』で男は7割変わる」かな。
コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書)コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書)
(2008/03/19)
野口 吉昭

商品詳細を見る


こちら、BBMの土井さんのところでキャンペーンをやっていまして、
紀伊国屋本店で、こちらの本を購入し、著者のセミナーCDをいただきました。
(800円でセミナーCD付とは、いかに。)

質問力」とは言うものの、ここでも大切なのは、「聞く力」。
こちらにあげた本でも、相槌が打てれば、相手に好印象を出せる、との話がありました。

・想像力を働かせて、物語をつくり、
相手より先に動く。

・語彙力を磨こう。

自分の語彙を以下のサイトで測定できます。
語彙数推定テスト
(私は、この50問の設問のうち、後半10問がほとんどわかりません・・・
みなさんはいかがですか???)

こちら、「コンサルタントの」と謳っていますが、これは、男女の会話において役に立つ内容が多いです。営業の仕事だって、結局は、主婦を納得されなければ成り立たないですからね。

たとえば、こんな例。

会社から帰ってきて、奥さんが旦那さまに、

妻「息子が・・・・で、お隣の家の子が・・・・で、お隣の奥さんが・・・・で、週末にはご主人も・・・なんですって。」

旦那「それでいったいなんなんだ。何がいいたいんだ。」

著者「いいたくなる気持ちはわかるが言ってはいけない」

変数の多い内容は整理して、その場で再構築し、シナリオ化して質問を組み立てるスキルがも必要なんです。

この本で、ちょっとした気配りができるようになりました。
さらに、話のときの「ひげ」(えー、とか、あーとか)をやめると決めました。

だけど、後半だけ、なぜか読み進まないまま、ずーっと机の上にあったんですよね。
どこでブレーキかかってたんだろう・・。

situmonryoku1221
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
スキル
>変数の多い内容は整理して
>その場で再構築し、シナリオ化して
>質問を組み立てるスキル
なるほど『変数』なんだ。
家族にはついつい
「何がいいたいんだ!?」を言ってしまいがちデス。
2008/12/26(金) 16:29:51
URL | Reiko #-[ 編集 ]
Reikoさん いつもありがとうございます。

わかっていても、その時の気分で言わないほうがいいこといっちゃったりします、私も。
でもはっきり言うのもいいんですよ。時には。
2008/12/26(金) 22:02:24
URL | ★masa #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/539-2daaa42f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。