07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
12月23日→半断食決行! 
Posted on 06:41:40
昨日は、デトッックスのため、断食を試みました。

理由
①このごろの偏食のため
②年末なので自分リセット
結果、夕方18時半くらいでで身の危険を感じて、お茶碗半分くらいの玄米かゆを食しました。
その後も、野菜ジュースですごしました。


マクロビオティックの本で、「現代人は飽食の時代」。一日2食で充分、という内容のものをいくつか読んだものの、朝自宅を出るときは、水・フルーツでよくても、会社につく前、もしくは着いてから、何かしら食べています。

夕飯をあまり食べない私には、なかなかつらいです。
なにせ、寝るときにすでにお腹が程よくすいているわけですから。
それなのに、起きてもほとんど食べちゃいけないだなんて!

それゆえ、最近、夜 お豆腐を一丁食べたり、コーンのホール缶だけを食べたり、
という生活が12月になって続いていました。

さらに、100円ローソンで、「ロシアパン」という、これまた安くておいしいパンを発見してしまい、このままだと、このパンにはまってしまいそうだったので、断食に踏み切りました。
(中学時代、山崎の菓子パンにはまった経験があるので・・。超ロングセラーで今でも売ってます。大型のリング状のパン。砂糖がかけられてます。)

先日から、昼は食べず、夜はすいとんを食べて寝ました。

朝は、水。これはいつものことなのですが、その後も水、水、水。

10時くらいから、体が冷えてきてしまい、「残り97%の脳の使い方」を読んで以来、エアコンは極力つけないようにしているため、指先がかじかむほどでした。
本を読みながら、思うところがあって、無性に悔しくなって、えいやっ!えいやっ!と声を出して泣いたりしてました。(精神のデトックス!)

天気がよかったのが幸い。

とはいえ、13時を過ぎた頃から寒さに我慢できなくなり、「えーい!」と寝ることにしました。そのまま16時ごろまで睡眠・・・・。このころ頭痛がしたりしていました。(よくあるそうです)

その後も全身が冷え切っているので、水・野菜ジュースを補給しながら過ごします。
この調子でいけるかなーと思いましたが、

18時くらいから、手がしびれてきてしまい(正座したときに足がしびれる感覚)、今回は、半断食で終了。

会社の方も断食をしたことがあるそうなのですが、あまりにつらくて、5年前に一度経験して以来実行していないということだったので、今回のことで、次の断食がなくなってしまうのは避けたかったので。

玄米でおかゆをつくって食べましたが、そのおいしいこと。
玄米の歯ごたえがなんともありがたく思えました。

そして、20時くらいには、全身が温かくなってきまして・・・。
無事、いつもの自分に戻ってきた、という感じです。

なにか急激な変化があったわけではないのですが、
精神的に身軽になった気がするので、
これから毎月1日取り組んでみようと思います。

今回は、水は、いつも家庭料理で利用しているものを飲みましたが、
次回はしっかり栄養のある水を用意して取り組もうと思います。

簡単な断食についてはこちら→週末断食で疲れた心と体をリセット
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/544-aacabc05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。