09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 21:09:29
映画「ビューティフル・マインド 」を見たときから、興味があった「ゲーム理論」。学生時代に、新書読んだりしましたが、当時は「ゲーム理論って、囚人のジレンマみたいなもんかなー」くらいの知識しかありませんでした。

これは、分かりやすいですね。
じゃんけんはパーを出せ!~ビジネス解決力が身につく「ゲーム理論」~じゃんけんはパーを出せ!~ビジネス解決力が身につく「ゲーム理論」~
(2008/10/06)
若菜 力人

商品詳細を見る


「じゃんけんではパーを出したほうが勝つ確率が高い」という話から、
マトリクスを使って、いろいろなケーススタディが紹介されています。

「戦略的に考えることをゲーム理論というのかしら?」と読み終えたあとに思いました。
それくらい、「ゲーム理論」ならこう!という思考方法ではなく、「普段の生活の中で」体験しているものを理論的に考えよう、くらいの手軽に読める内容でした。

私は、
1、での東芝とソニーの次世代DVDの話
3, の、「なぜオタク男は子孫を残せるのか?」(私、どちらかといえば「理系男子」好きなので、この話は抵抗することなく納得)
5,の「普通の女性がセレブになる方法」での「賢女はセレブをめざす」というのも、うんうんうなずきながら読みました。(出会ったときからお金たくさん持ってる人にはあんまり興味続かないし・・)

と、読み物として面白かった。

これを読んで、「ゲーム理論って、SWOT分析みたいなもんかなぁ」と思いましたが、
それでは理解が甘いんでしょうなぁ。

2009年は、自分の思考フレームワークを鍛えるためにも、
この「ビューティフル・マインド」じゃなかった、「ゲーム理論的思考」は意識していこうと思います。

この本で、著者が、アクティブ型ファンドよりインデックス型ファンドを薦めているように感じたのは私だけでしょうか??

 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/563-9feafc51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。