07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 23:59:33
私、2003年に銀座の占い師の方にみていただいたことがあって、
そのとき言われた言葉が折りに触れて気になるんです。

もちろん、「あくまで占い」なの百も承知。
2005年に銀座の別のところで会社の同僚と並んで占ってもらったとき、
私のほうが、異性との相性高かったのに、相手の方はその後結婚し、かたや、、。
(当時、同僚の方が婚約で悩んでいたので占ったからではありますけど)
なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべてなぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
(2005/10/12)
石井 裕之

商品詳細を見る


石井裕之さんのコールドリーディングのテクニックが紹介されています。

こちらにもちょっと書きましたが、昨年でた新書も読んでいたのですが、このタイトルがどーしても気になるのです。

で、冒頭の2003年の占い師の言葉。

「付き合うなら、今の男性ではなく、年上の人にしなさい。○○のような職業の人はあなたに合っているけど、今の男性は年下なので、あなたには年上がいい」と。

実はこの占いを聞いて、「えっ!」っと、その気になって、当時気になっていた年上の男性にアタック(って古い?)しました。でも、いつも年下の男性のところに気持ちは戻ってしまいます。

そして、先日発売のananでも、「2009年は年下に注意するように」とのこと。
(↑このあたりまで読んで、特に男性の方は、他のブログの記事と比較して矛盾を感じると思いますが、、そんでもって「ばっかじゃねー」って)
an・an (アン・アン) 2009年 1/7号 [雑誌]an・an (アン・アン) 2009年 1/7号 [雑誌]
(2008/12/24)
不明

商品詳細を見る


(私がコミュニケーション関係の本をよく読むのは、異性関係が原因のためです、ほとんど。もてたいとか、とういう気持ちはまったくなくて、相手の気持ちがまったくわからない。そして、自分の気持ちさえよくわからなくなってくるから・・・。これって、いい付き合いとは言えないのかしら?男(女)を上げる恋愛、下げる恋愛って少なからずあると思いますが、カテゴリーわけしちゃいけないのかな。)

そのとき、他にも占っていただいたはずなのですが、まったく覚えていません。
その言葉だけが残っているんですね。

今回、改めて石井さんの本を読みまして、
今の自分は、きっぱり別れるときにきているのかなぁと思いました。

占い師の言葉云々、ではなくて(もちろん!)、その言葉を信じたほうがいいのかなぁと思う、「その自分の心」から判断するにつけて。

ただ、相手のネガティブな面を他人から聞くと、「そんなことないよ!」って言い返したくなる。それはつまり・・・。

(って、むずかしく考えすぎじゃねーの?)

実はこの本は、できれば自分の彼氏には読んで欲しくないと思う。
そんでもって、周囲の友達にもあまり読んでいて欲しくないと思う。

それくらい、ちょっと危険。

私がすんごく疑り深い人になってしまいそう。
「あの人○○って言ってるけど、○○テクニックの裏をかいているの?」とか。

それでもやっぱり、知り合いに読んで欲しいとも思う。
だって、相手を思いやる気持ち、相手に興味をもつことがふえるから。
営業マンや、転職の面接にも使えるテクニックです。

これからの時代は、「ナビゲーションの時代」。
そのときそのときの相手を観察して、相手の反応に応じてナビゲートしていく時代へ。

活字が苦手な方は、こんな本も出ています。
イラストが掲載されているのですが、、これは男性向けに書かれています。

ホムンクルスの目 (ビッグコミックススペシャル)ホムンクルスの目 (ビッグコミックススペシャル)
(2006/11)
石井 裕之

商品詳細を見る


ぜひ、あなたの彼女(彼)のために、うまく活用してください。
決して、自分のためだけにとならぬよう。なぜなら・・・・


※自分で気になってる占いの内容を消し去りたいなら、この本で紹介されている「リミティング・ビリーフをはずす方法」がちょっと役に立つと思います。


関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/566-2361e506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。