07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 22:56:34
こちらで読んだ第一巻が、意外に面白くてですね、、現在3巻目読んでいます。

女子大生会計士の事件簿〈DX.2〉騒がしい探偵や怪盗たち (角川文庫)女子大生会計士の事件簿〈DX.2〉騒がしい探偵や怪盗たち (角川文庫)
(2004/11/25)
山田 真哉

商品詳細を見る


今回は角川文庫さんのものを手に入れました。
文庫のほうが、ストーリーが2つくらい多いのだとか。

正直言いますと、第一巻のほうが全体的に面白かった。
なんか、2巻はストーリーによって、トリックがイマイチな感じがあります。

でも監査ファイル6の「数字の話」は面白かった。
消費税が3%のときの話が出てきますが、「あーなるほど、数字のプロはそういう風にお金を見てるんだなぁ」と思いました。

著者の山田さんって、神戸の方なんですよね。
この「数字の話」では、神戸のルミナリエが舞台になっています。
主人公の萌実ちゃんが、お姉さんを震災でなくしてしまったことがきっかけで、お姉さんがなりたかった会計士の仕事を目指したのだとか。これって実は著者のこと?

私、茨城に生まれて、今は東京で働いていますが、
同年代の関西人と一緒に生きていくためには、相手の2倍は一生懸命やらないとなぁと思います。彼らは高校時代に神戸大震災を経験していますから、生きる意志というのが、違う気がする。(はっきりとそう言っている人に会ったことはないので、藤原紀香さんの「藤原主義」の影響だと思います)

インサイダー取引についても、ちょっとわかりました。

冒頭にも書きましたように、現在3巻目読んでいて思いました。

「これはちゃんと巻をそろえて読んだほうが楽しめる」

3巻になると、2巻で出てきたストーリーの登場人物がいきなり入ってきたりして、知らないと面白さ半分になってしまうかも。


関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/568-359923a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。