07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 15:01:28
とくに5巻は、新たなストーリーが展開されています。
6巻早く読みたいなー。

女子大生会計士の事件簿4女子大生会計士の事件簿4
(2004/10/01)
山田 真哉

商品詳細を見る

女子大生会計士の事件簿5女子大生会計士の事件簿5
(2007/12/11)
山田 真哉

商品詳細を見る


主人公 藤原萌実さんの下働いている柿本会計士補。
彼のドンくさい会話に慣れてきてしまって、今ではそれが面白い、彼の不器用さ加減が。

4巻の「渋滞とハイスクールララバイ-棚卸の話」を読んでいて、ちょっとデジャブ。
この展開どっかで読んだような・・それとも私この物語一度読んだことあるのかしら。
棚卸で隠し在庫を・・という話なんですけどね。

そして、5巻ではあたらに村咲紫さん(ゆかりさんと呼びます)登場。
彼女が登場したことで、萌実さんも大切なものがわかった・・のかな。

4巻では、在庫を隠して、「棚卸資産評価損」を計上しないことが不正になり、
5巻では、在庫を水増しして利益を過剰に水増しして不正に。(「とびきり推理なバースデー」)


以前、BookLoversというラジオ番組で、山田真哉さんが、
文字数や、ページをどこでめくるかを計算して書いているとおっしゃっていましたが、
なるほど、確かにそのような工夫が随所にあります。
(ページをめくりたくなるような終わり方をしています)
そして、この5巻に関しては、早く6巻が読みたくなる終わり方、ずるい。

会計の勉強云々より、単純にストーリーを楽しんでます。
今読んでいるほかの小説と比べるとまったく違うタイプなのですけどね。

↓今読んでいる小説。梅田望夫さんが昨年お薦めしていたので。
日と月と刀 上日と月と刀 上
(2008/04)
丸山 健二

商品詳細を見る





関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/593-a18a2746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。