09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 05:47:48
早起きは「得」というより、
だらだら起きるのは一日をとっても損した気分になるから。

早起きすれば、人生が長くなる。
朝2時間早く起きれば人生が変わる!朝2時間早く起きれば人生が変わる!
(2003/06)
宮西 ナオ子

商品詳細を見る


いままでより、「2時間早く」起きよう!
早起きの効能が、心身医学に詳しい著者によって紹介されています。

これまで脳関係の本をいくつか読んでいて、
「夜は暗記」と思っていたのですが(寝ている間に脳が覚えたことを整理してくれる)から、
朝も暗記するのにいいみたいですね。
と、いうのも、寝ている間に、脳はいらないものを排出してしまうから、
インプットするのに、もっていこいなのだそうです。 へー。

また、しっかり寝ることで脳幹を鍛えると、
精神面でも強くなれる!とのこと。

「早起き」は、仕事のやり方ともイコールだなぁと思ったのが、
「先延ばししない」ということ。

私、このブログ書きながら、「これについては後ほど詳細書きます」って、
何度か書いていてそのままの記事がいくつかあります・・。

早起きしたかったら、そう決めた日の夜は早く寝て、すぐに実行。
チャンスはそのときしか訪れないから。

二度寝、三度寝を繰り返すと、腰が硬化して、
後頭部が弛緩してくる。すると顔はむくみ、さわやかさは失われる。

ともかく、目が覚めたら、「サッ」とおきることから、
身体も俊敏に動き、行動が早くなり、決断力もつく。

万人幸福の栞 」の著者丸山敏秋氏によると、

「朝、目が覚めるのは気づきの根本である。
気付いたとき、それはそのことを処理する最高のチャンスである。
それを延ばせば、次第に条件が悪くなる。
事情のもっとも高潮に達したとき、その波動が、
人の脳に伝わって気がつくようになっている」

寝不足でも「あぁ、よく寝た!」と言って起きる。
脳は暗示にかかりやすいので、本当にそう思えるようになるから。

最近、「2時起き」宣言していたら、1時台に起きるようになってしまいました。
そんなに早起きなのに、自分の趣味に費やしてしまって、
勉強のほうがいまひとつ。
ここはひとつ、机を変えたほうがいいのかなぁ・・・。
(椅子に座っていますが、私は椅子が苦手・・・
ソファが無理なので、あぐらかけるような低いテーブルが必要と感じています。)

メモ:類は友を呼ぶ→波動をおそろかにしていはいけない。
振動数が違えば、人はその音に気付かない。
「あなた方が他者の中に見出すのは、自分がそうであるものだけだ。
つまり、人は他者の中に必ず自分自身を見出す。
というのも、他者とは鏡にすぎないからだ」
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/609-3931153e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。