09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 22:54:28
It's a brand new world
どこまで行っても 追い越せない
時が流れて行っても 消えたりしない
さあ どこまで行ったら 辿り着くの?
遠い日の記憶
              -作詞:100+・櫻井翔 嵐「believe」-


昨日のことなのに、もうずっと前のことのようです。

また長くなりました・・。起承転結とかありませんので、興味がある方はどうぞ。
032909

2009年3月29日 日曜
千葉県佐倉市にて、佐倉朝日健康マラソンにフルで参戦。
昨年は10キロで参加しました。
(今当時の記事を読み返しましたが、、、棄権しようと思ったのは前回とおなじだぁ・・)


以下、時系列で書きます。

9時30分スタート。
4時間~4時間30分の位置にポジションをとって、
タイムウォッチを押すのを待っていました。
スタート地点には、小出監督。
そして、今年の東京マラソン女子の部で優勝された那須川さんが
いらっしゃったので、ハイタッチ!

いきなり坂道を下ります。
私、このときちょっと感極まって涙。
だって、自分がフルマラソン走るだなんて、ちょっと信じられませんから。

坂を下りると、道路にランナーたちの姿が先まで見えました。
もう、先頭集団は2キロ先ぐらいまでいってました。

前半 5キロまでは、機器との闘い。
タイムを計測するためにつけていたGarmin。
なんと、計測できていない。
ラップのみの計測で、コノ期に及んで、ベゼルなんて高機能が仇になり、
下を向いて調整しながら走ります。
でも走りながら、settingなんて無理。
5キロ過ぎで計測をあきらめて、時刻を表示させました。
同様の失敗は3度目です。本当、くやしい。

そして、イヤホン。
いつもは平気なのに、なぜか右耳がすぐに取れてしまいます。
左だけでもいいかなぁと思いましたが、7キロ過ぎ地点くらいから、
しっかりはまって、取れることはありませんでした。

ですが、本当にあせりましたよ。
ほかにもスタート時点でipodの充電が残り5分の3ぐらいになっていたので、
4時間耐えられるかなぁと。実はこれ、スタートに並んでいるとき
ものすごく心配で、20キロ地点で曲をつけようと思いました。
結果的に、最後まで持ちました。iPodバンザイ!

5キロ 給水。
あー去年も走ったなぁーと、今はフルを走っている自分に感慨深くなりました。

このあたり走りながら、「38キロ」「39キロ」の表示がありました。
戻ってくるときは自分はどうなってるのかなーと思って走ってました。

10キロ過ぎでの給水
なんと!ここでの給水、私自分でペットボトルからコップに注いで飲みました。
給水のためのスペースも小さく、「えっ!」と思って引き換えしたほどです。

15キロ手前
信じられないような急な昇り坂です。
コノ地点で、早くも塩を補給しました。

ちかくにいたおじさんは、

「えっ!なんだあれ!?」って口に出していたくらいです。
なんで半分も走ってないのにこんな坂!?というほどでした。
先日、高尾山トレイルしましたが、はっきりいってそれよりつらかったです。
急な上に、あまり道もきれいでなかった気がします。
(そのような感じがしただけ、かもしれません)

坂を昇り終えると、16キロ地点で給水。
しかし、これも長さにして3mもないような机の上に、
いくつかコップがあるのみ(と記憶しています)。

またしても「えっ!あれだけなの?」と
引き返して、給水。
トクホンのスプレーかけて走り出しました。
(いたるところにトクホンのスプレーをもって
サポートしてくださる方々がいてとても助かりました)

そして、ここからハーフ地点までが私にとって地獄でした。

長くてゆるいくだり坂を下りていきます。
なんと、このときガードレールにのって写真を撮っているランナー発見。
注意したいとことですが、感心してしまいました。

すでにコノ地点で私、エネルギー切れ。
軽くめまいがしていました。
一本目のジェルバーを片手に少しずつエネルギー補給します。

そして、19キロ地点。
腹に激痛!
これはですね、、いわゆる「想定の範囲内」です。
女性特有の周期にありまして、大会に重なるとわかっていましたから。

どうにか耐えながら、20キロの表示。
トイレに並んでいるランナーを見て、「大変だなー」と思っていましたら・・
このすぐ後に、

またしても激痛!今回は耐えられそうにありません。
一瞬にして冷や汗かいて、トイレに駆込みたくなりました。

これは我慢できない。もう無理。
棄権しちゃおうっか?


と。あまりにつらくて、そう思いました。

でもトイレもないのでトコトコ走りながら、
先週、東京マラソンで、35キロ地点、私の声援に応えて手を上げてくれた水谷選手のことを思い出して、「私もあんなふうに誰かの声援に応えられる人になりたいなー」と、思いつつハーフ地点。

ハーフ地点 2時間3分 (なので、2時間1分ほどで通過)

私、4時間目安の時間が記入されたリストバンドを腕につけていましたから、
もうサブフォーは無理だと、なんだかそれでふっきれました。

そして、クロワッサンと、塩を補給。
さらに2本目のパワージェル。

クロワッサン、なんだか口に力が入らなくて、
吐きそうになりました。

20キロ地点から、印旛沼の沼が見えてくると思ったのですが、
いわゆる本当の「沼」で湖とは違っていました。

そして、23キロ地点くらいからですね。
ただ、ひたすら1キロ先の標識を目標に走っていました・・・・。

っと、本日はここまで。
もう寝る時間です。

明日、後半書くかもしれません。




関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/685-9ae259e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。