07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 03:43:02
仕事もスポーツも要はおんなじです。
The Power of Full Engagement: Managing Energy, Not Time, Is the Key to High Performance and Personal RenewalThe Power of Full Engagement: Managing Energy, Not Time, Is the Key to High Performance and Personal Renewal
(2004/12/21)
Jim LoehrTony Schwartz

商品詳細を見る


こちらで勝間和代さんがお薦めされていたことと、
こちらの方がこの本を読んでディクテーションをしたというのを知りまして。

まずは、日本語の本を一通り読みました。

エネルギーにはphysical, mental, emotional, spiritualの4つの源があり、
これらを活性化することでなんにでも夢中で没頭できるというもの。

時間管理ではなく、エネルギーの管理によって、
発揮される能力がきまるというもの。

まずは日本語読んで、
「エネルギーの貯蓄量を増やすには、トレーニングの中で自分の限界を超えて頑張ることを体験する必要がある」とのこと。

それで、先日のトラックでのインターバルトレーニングを取り入れる必要性を感じて実行しました。

習慣にしていきたいことは「儀式」にまで落とし込むということで、
私も先日作成したこのリストを活用していきます。


こちらのサイトで、4つのエネルギーについて診断できます。
(ただ、やりながら結果が見えるような質問です。質問にたいして、「まったくそうである」とは判断できず、全体的にちょっとずつ足りない、という結果になりました)
The power of full engagement

full engagement

日常生活のなかでのんびり続けていこうと思っていた英語学習ですが、
今、一番時間の比重が高いです。エネルギー管理の必要性を感じています。

本をもっと早く読めるようにしていきたいです。

関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
masaさんもaudible!
audibleの人、意外にいますね。
私はまだまだ初心者で挫けまくり。

仕事に英語を使わないのに(もし違っていたらごめんなさい)、英語勉強されてるのは素晴らしいですね。
またaudible、紹介してくださいね♪
2009/04/12(日) 09:35:51
URL | いわとび #-[ 編集 ]
いわとびさん
こんにちは。audibleはこれで10作品目です。ですが、どれも最後まで聴いていません・・。
会員登録したので、毎月1つ、続ける仕組みです。
2009/04/12(日) 12:17:25
URL | ★masa #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/707-3a2b67e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。