09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 21:27:22
最終的に、ここにいきつきますね。

先日yoshyさんから「ストイックですね」とコメントを頂き、
「はて、どのへんが・・?」と一日中考えていたら、寝る前に気づきました、自分に。
時間と自由 (岩波文庫)時間と自由 (岩波文庫)
(2001/05)
ベルクソン

商品詳細を見る


学生時代によく読んでいたベルクソンの書物。
押入れから出していくつか読み返しました。

さらに、ちょうど気になっていた本も立ち読みしていたら、
「ベルクソン的時間」の使い方といった紹介がありました。
それは、これも哲学を専攻されいた小山さんの本より↓

TIME HACKS!TIME HACKS!
(2006/12/01)
小山 龍介

商品詳細を見る


「ベルクソン的時間」がなんなのか、の前に、

「そもそもベルクソンって誰?」って感じの方もいるでしょうが、
それはすみません、Wikipediaで・・フランスの哲学者です。
アンリ・ベルクソン

好きな人との時間は短く感じるのに、
嫌いな人との時間は長く感じる、など、
それぞれの「時間」のとらえかたについて
「持続」や「直感」などの言葉をつかって新しい考え方を投じた人です(よね?)

言葉遊びになってしまうのですが、
この「時間」にこだわりがあります。
同じ空間がいつまでも持続してしまうと、
そこには「慣れ」がでてきてダレてしまいますので、
悪い「慣れ」ができないように自分で断つようにしています。

なので基本的に自宅で行動するときはタイムウォッチ、タイマーが常に動いています。
(今も・・)

自分自身で、今の行動に渇を入れてる感じでしょうか。
基本的に怠け者の面倒くさがりなので。

以前も書いたのですが、
タイマーをかけると本当に他の誰でもない自分の時間を自由につかっている感じがしてきます。
とくに夜、机のライトだけで、、とか、
朝太陽が昇る前に、キャンドルライトだけで、、とか。


哲学の話になりますが、
このベルクソンの哲学について理解が深くなったのはつい最近のことです。
本当、嘘みたいですが、走ることによって、
彼のメインの主張である「エラン・ヴィタール」(生の躍動)や「直観」という思想を
体現している自分に気づきます。

あとは、それを哲学用語で説明できるか、、ですね。

本の内容について詳しく知りたい方はこちらを↓
松岡正剛「千夜一夜」
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/793-795cecff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。