09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 21:49:24
今週のAERAで、勝間和代さんと対談されてますね。
まさかコノ新書、自分が買うとは思いませんでしたが、買って正解でした。単純明快です。
モデル失格 ?幸せになるためのアティチュード? (小学館101新書 24)モデル失格 ?幸せになるためのアティチュード? (小学館101新書 24)
(2009/02/03)
押切 もえ

商品詳細を見る


びっくりしたのは、彼女と私の年齢がひとつしか違わないこと。
もっと若い方かと思ってましたので、どのようなことを考えているのかと手にしました。

(というか、最近肌が荒れてまして、モデルってどんな手入れしてるのかと思いまして、、
ファッション誌でなくて、活字にあたるのが自分らしいなぁと思ってみたり・・)

彼女がいかにコンプレックスを克服して
今、モデルの舞台に立っているのか、素直に書かれています。

私が心に響いたのはこちら


評価してもらえないとき

(略)(仕事場で)「空気のようにいなかったことにする」のだって簡単です。
(略)ひとつひとつはささいなことだし、それ自体は他人がほめるようなことではありませんが、
自分の中に「できることはやった」という満足感は残りました。それによって、自分だけは自分のことを褒めてあげることができたんです。



人を愛するように自分を愛しなさいっていうけど(逆?)、
自分のことってどうしても認めるのに努力がいります。

まだまだ、もっともっと、きっと、ずっと・・・ って。

誰かと比べるんじゃなくて、自分が「やるだけのことはやった」と言えるくらい努力すれは、
そのことで自分をしっかり褒めてあげることができる。

よく言われてることだし、私自身もそんな言葉にいくつも出会いましたが、
押切さんの言葉が一番響きました。


自分を愛する努力をするんじゃなくて、
自分を愛せるほどの努力を外にむかってしていくことですね。
なんか、すごく心が晴れた感じです。

関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/796-5355b9f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。