09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 07:37:21
先日エントリーされていたディスカバー21社さんの社長室ブログを読んでいて、
「ふたつしかない」ということと、それじゃぁ「あいだ」って何だってことが頭の中をめぐってました。

それでちょっとわかったこと。

私には2種類の選択しかない。
良書とは、感動を呼ぶ本のことである。
感動だけが、行動を呼ぶから。
したがって、良書とは、行動を引き起こす本のことである。

(中略)

新しい行動は、感動からしか生まれない。
逆に言えば、感動があれば、かならず、新しい行動が起こる。

              この世には2種類の本しかない、それは……から抜粋

こちら、「本」を「自分」と置き換えると、大きな気付きがありました。

私には、2通りの選択しかない。
絶望や苦しみから立ち上がって行動する自分と、
悲しみにひたって自ら立ち上がれなくなる自分 だ。


それは「今を生きる自分」と「過去に生きる自分」でもあると思います。

そして、つらいときに自分を見つめることはとっても大切。
だけど、それでは行き詰る。

問題の原因をすべて自分自身の中に求めることは、
それをすべて他人や環境の中に求めることと同じくらい問題です。

適当に、人のせいにして、
適当に、反省するのがいい。<
/span>

      「だいじょうぶ たいしたことないから」より


気になってた「あいだ」はやっぱり「社会」だなぁと思ったり。

若い人たちはよく「生き甲斐がない」といいます。しかしそれは当たり前です。
孤立した人には生き甲斐がない。生き甲斐は人間関係です。

          戸田智弘「働く理由」 石川達三のことばより。


人とのつながりって大切だ。自分の内に入りすぎるのも外に向きすぎるのもバランスが悪い。
自分を責めなくても、人が責めてくれるってアインシュタインも言ってるし。
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/848-d5726039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。