07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 23:23:33
この週に、勝間和代さんがナレーターを務めるBookLoversで紹介されていて、ピンときました。

今は行動する人になってきたから、考えるという行為についても深めたい!
(やっぱりランナーズ、かつリーダーズな人になろうっと。5分で意識転換)

ドゥルーズ『ニーチェ』

(夜アップすると画像がなくてすみません・・)

今、ちょっと抜粋

「病者のうちにより健康な諸概念、より健康な諸価値を見てとること、次には逆に豊かな生命の高み、あり余るほどの自信に充ちた生命の高みから、衰退(デカダンス)の本能が秘かに作動している深みへと眼差しを投じること、これこそが私がしばしば自分を鍛えた実践なのである・・・」
「この人を見よ」より

「私は病人の正反対である、実は私はきわめて健康なのだ」

ニーチェの語るところでは、<力>への意志はなにであれ欲しがったり、手に入れることに存するのではなく、むしろ作り出すことに、そして与えることに存するのである。<力>への意志というときの<力>とは、意志が欲する
ものではなくて、意志のうちで欲しているもの(ディオニュソスその人)なのである。<力>への意志は相互の差異によってのみ成り立つ示差的な境位であって、そこからある一つの複合体において向かい合う諸力が派生し、またそれら諸力のそれぞれの質が派生してくるのである。だから<力>への意志はまたいつも動性に富む、軽やかな、多元論的な境位として提示される。

自分が身体を鍛えていること(動的なものであること)が、
本を読んでから得るものを多くしている気がします。

ニーチェの本は2008年の始めごろ、知り合いの影響で再読したのですが、
自分なりの理解がないまま、本棚にしまってました。
ドゥルーズに関してはそれほど詳しくない(だって現代哲学ってどんどん複雑になっていって難しいんですよ)のですが、彼自身がフランスの哲学者ベルクソンの思想を継承しているというので、親近感をもって読みすすめることができています。

なんか、文学って大切だっていうのを「夜と霧」を読んでから強く感じています。

(ちなみに、「夜と霧」を読みすすめるうちに、物語を書きたくなりました。きっとその理由は「夜と霧」を読めばわかりますよ)
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/900-13180d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。