07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 00:24:44
もう自己啓発書はいいや、と思ってました。
でも本屋でこの本を開いて、2度もそのときの自分のアンテナに刺さる言葉に出会ったので、「これはもう必然だ」と思いました。
明けない夜はない明けない夜はない
(2009/07/07)
石井 希尚

商品詳細を見る


牧師で、カウンセラーで、ゴスペルミュージシャンでカフェオーナー。
ところどころに、聖書の言葉が紹介されています。

この本、一呼吸で読んだ、という感じです。
息をつく間もないほど、言葉がどんどん飛び込んできます。
読みながら、胸が苦しくなり、読んだ後、青空に向かって飛び出していきたくなるようなすがすがしさがあります。

読みながらあれやこれや考えがめぐりました。
高校時代のこととか、最近のこととか・・・。

他者が、自分にとって何をしてくれるのかを期待する人生に、
今日終止符を打て。
自分が他者のために、何ができるのかを考え始めるのだ。
それこそが、開国だ。



結局のところ、人間鎖国の人は常に求めている人だ。
理解されることを求め、受け入れられることを求めている。
自分が変わるよりも、相手に変わることを求めている。
自分の気分にあう待遇を受けることを求めている。
自分が無礼でも、相手にはそれを受容することを求めている。
自分が内にこもっていることは、知的なことだと認められることを求めている。
(P156より抜粋)

最近、出会った言葉に、

魅は与によって生じ、求によって減ず


(人の魅力は与えることによって増し、求めると減ってしまう)

というのがあるのですが、そのことをまた自分にたたきつけられました。

以下にいくつか本の内容が紹介されているので、
ぜひチェックしてみてくださいね。
ディスカバー社長室ブログより明けない夜はない
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
はっ[e:451]とさせられました[e:2]
ブログに載せて頂いた言葉にはっとさせられました(>_<)
実は先週の日曜日に足首を骨折してしまい、恥ずかしながら完全にふさぎこんでいました相手にばかり理解を求め、自分から道を切り開くことをしていませんでした今から心を入れ替えて、自分のためにではなく相手のためにできることを実行に移していきたいと思います(^-^)
2009/08/04(火) 01:53:54
URL | もりこ #whUmN8OI[ 編集 ]
え!もりこさん大丈夫ですか!?
骨折??

この本にもあったのですが、「助けて下さい」といえる人になろう、とありました。自分ひとりでかかえこみすぎないように。
2009/08/04(火) 06:08:27
URL | ★masa #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/942-0a8b8de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。