07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 23:00:44
昨日紹介した「明けない夜はない」の本の中にはこんな言葉もありました。
「自分には、何もない。でも、これだけはやってきた」
そんな発言をよく耳にする。
人は、やってきたことを誇りにしたいのだ。
仮に、賞賛に値する何かを持たずとも、自分が誇れる最後の砦こそ、自分が生きてきた道のりなのだ。
だからこそ、人は自分がしてきたことを認めてもらいたい。
ブログがこれだけ流行るのは、それだけ多くの人が、自分の生きてきた軌跡、すなわち、自分の道を、他者に知らしめたいからだ。知ってもらいたいし、見てもらいたい。
「私はここにいる。私を認めてください」
ネットの世界には、そんな声がうずまいている。
それは、自分の誇りである「自分の道」を認めてもらいたい者たちの、心の叫びだといえる。


私、このところいくつもブログ記事あげてますが、
反省を込めていいますと、誰かのためのGiveになるために書いているのもの1割。
9割は日々の記録。
誰かに自分を知ってもらいたい、というより、
「なりたい自分になっていく、自分の過程を自分で知りたい」というのが、
どうにか一年以上続いている理由だと思います。

言うより、実践。
読むより、行動。


そう肝に銘じていきたいです。


私、誰かに話を聞いてもらいたくなったときは、
何度もあげている次の言葉のページを開きます。

「努力が間違っているかもしれないと不安だから、人に見て欲しい」とキミはいう。しかし、それは巧みなウソだ。ひとりでこつこつ努力することがつまらなくなったからに過ぎないということに気づけ。それが間違った努力であれば、必ず努力の過程でそれに気づけるし、正しい道を見つけることもできるはずだ。
石井裕之さんの「もちあるくことだま」より

結局よく話しますけどね・・・とほほ

関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/945-a0bada8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。