07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09
東京マラソン2008出場をきっかけに走り出して市民ランナーに!!読書とランニングで自己開発した先に、2011年9月インド最大の商業都市ムンバイにおりたちました。一生勉強、一生青春
スポンサーサイト 
Posted on --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
Posted on 06:59:43
足のすねには2本の骨があります。
内側にある太い骨が頸骨。
外側にある細い骨がひ骨。

O脚になってしまうのは、外側にあるひ骨に体重をのせてしまうからなんですね。

「ウナ」とは頸骨の真下の
足裏のことです。

ここを意識して立てば、自然と頸骨に体重がかかり、正しい姿勢を形成することができます。

ウナの場所を知り、身体感覚にしみこませる方法としてすすめられているのが、
消しゴムなどの適度な高さのものを床におき、ウナで踏みつぶすようなつもりで体重をかける方法

このとき、足の力ではなく、全身の重さがウナから消しゴムに伝わるようにします。
これを交互に何回も繰り返すことでウナを通る軸を意識できるようになります

これを会社でもやっていましたら、
消しゴムぼろぼろになりました。
なので適度な大きさのものを使うことをおすすめします。
小さすぎると消しゴムちぎれちゃいますので。

100円ショップで、つぼ押しのグッズがありますので、
それを買ってシャワー浴びながら意識しようと思ってます。

座っているときに姿勢が乱れるので、
これはお尻の下になにかものを置いたほうがいいのかなぁ・・・・

以前はすごいO脚だったのですが、ヨガを続けていくことでだいぶよくなり、
がに股はランニングを始めたことで改善されてきましたが、あともう一歩。

「ゆる体操」で気持ちよーくキレイになる -「大和撫子のからだづくり」 (講談社の実用BOOK)「ゆる体操」で気持ちよーくキレイになる -「大和撫子のからだづくり」 (講談社の実用BOOK)
(2005/07/27)
Nido=神津圭子

商品詳細を見る

この方法は、以前紹介した↑こちらの本のP26.27あたりに書かれていました。
関連記事
 この記事についてつぶやく→twitter.png △page top
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://staygold21.blog45.fc2.com/tb.php/967-18ddde70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 走ることが私のリズム。 続けることは力になります。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。